やりがいを選ぶか、幸せを選ぶか

 mixiがなかなか繋がらず、ツイッターの調子も良くないみたいですので、ブログでつぶやきます(笑)



 自分の夢・やりがいを感じるものを始めた頃は、路頭に迷わないように、あるいは最低限の生活費を稼ぐために、とにかくガムシャラになるので、他のことは眼中に入りません。



 ですが、ある程度軌道に乗ってくると、人生の選択で迷いが生じる時期が来るのではないでしょうか。



 つまり、己の人生のどこかで、

 (1)自分の夢・やりがいはほどほどにして、いわゆる幸せを大切にするのか、

あるいは、

 (2)自分の夢・やりがいを感じることを優先し、幸せはある程度犠牲にするのか

の二者択一で、心の葛藤を生じる時が必ずやってくるのではないのか、ということです。



 幸せと、自分の夢・やりがいを両立できれば、それに越したことはありません。


 ですが、現実にはなかなか難しいと思います。



 己の人生で、どちらを取るのか、決断しなければならない時が、どこかで必ず訪れる気がします。


 あれこれ悩んでいても、時が解決してくれるわけでもありません。



 どちらか一方だけが正しい、という問題でもありません。

 似たような境遇の人同士であっても、もっと言えば同一人であっても、その時々で置かれている状況によって、結論は異なってくるはずです。
(私自身、今現在と二年前の今頃とでは、取る選択肢は異なるでしょう。)



 まだまだ若僧の自分が、何かアドバイスできるわけではありません。


 ただ一つだけ言えることは、どっちつかずは良くないのかな、ということです。


 どちらかを積極的に選択するのか。

 あるいは、時の状況などから、どちらかを選択せざるを得ない状況なのか。

 どのような経緯を辿って結論を出すのかは、人それぞれだと思います。



 ですが、その時どちらを選択したのか、ということだけは、ハッキリと自覚しておく必要があるかと存じます。

 そうしなければ、迷いが迷いを生む結果になりかねません。


 仮に、その選択肢を取らざるを得なかったとしても、余計な迷いを断ち切るためには、そのことを自覚するしかない気がしますが、いかがでしょうか?!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

グッドラック
2010年08月12日 23:03
真摯に人生を生きていらっしゃるからこその究極な問題なんですよね。
私自身、幸福や自分自身のことですら、いつも曖昧さを孕んでいるようです。
人生を語れるほどは生きてませんが、未熟なものなりに、たとえ後生で間違えだと気づくかもしれなくても、その時の自分の心の声に従うようにしています。
幸せの定義は、人それぞれですし、幸せの雛型もありませんよね。大切なのは、何よりも自分自身が確信することなのだと思います。大切なことは、もう既に確信されていらっしゃるのだと思います。
幸運を☆
2010年08月16日 15:22
 コメントありがとうございます。

 そうですよね。
 最後はその時の心の声と言いますか、直感を働かせて、それに従うほうが(仮に後から間違いだと気づいても)自分自身で踏ん切りをつけられますからね。

 私自身の話ですが、(仕事ではありませんが)1年半ちょっと前くらいに下した決断があったのですが、今となって後悔がないのかと言えばウソになります。
 ですが、自分で決断したことでしたので、自分自身で腹をくくるしかない、と思っています。
 これがもし他人により指示されたものでしたら、おそらく割り切れない思いが強かったように思います。

 自分はまだまだ発展途上の人間ですが、何が大切なのか、その確信をより深めていくためにも、がんばってまいりますよ☆

この記事へのトラックバック