短絡的な判断

 電力不足が懸念されると、すぐに「節電」命令。



 財源が不足すると、すぐに「増税」論議。





 
 「何とかしてやりくりしていく」という発想が欠如しているとしか思えません。




 
 国民には、節電とか増税で我慢だけを強いて、何も見返りを示さない状況。

 先々の不安や負担増だけ強要して、希望を与えなければ、いつか我慢の限界が来るでしょう。


 そうなると社会不安は増大するし、ヒトラーのような独裁者が出てくる危険すらあります。
 



 復興のための緊急事態だということも分かりますが、いや、こういう時だからこそ、国民に対して、希望を与える将来のビジョンを示すべきなのではないでしょうか?!


 国民への負担増と政争だけでは、お先真っ暗な感情しか抱くことはできません。


 何度も言いますが、日本は社会主義国家ではないのです。





 国民に対して未来の展望を示して、より良い方向へ導くことこそ、政治の役割だと思いますが・・・。



 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • エアマックス 2013

    Excerpt: 短絡的な判断 政治家を目指す税理士・渡辺順也のブログ/ウェブリブログ Weblog: エアマックス 2013 racked: 2013-07-10 06:41