隠し事はバレる

 自分も含めて、人生で一度も嘘をついたことのない人は、まず居ないと思います(もし居ましたらすいません)。


 一概に嘘をつくといっても、その理由は人それぞれでしょう。



 「自分を良く見せるための嘘」、「相手を傷つけないための嘘」、「隠し事をバレないようにするための嘘」などなど。






 まず、「自分を良く見せるための嘘」。

 これは「見栄を張る」と言い換えることができるかもしれませんね。

 この手の嘘は、聞き手が世間知らずでなければ、だいたい分かります(笑)。

 ただ嘘がバレても、当人が恥をかくだけで他人はあまり迷惑しないですので、実害は小さいように思えます(当人は実害大かもしれませんが)。






 次に、「相手を傷つけないための嘘」。

 一般的には、これは善しとされる類の嘘だと思います。

 相手を思いやるためのものでしたら、その通りだと思います。


 ですが、「相手を傷つけない」と同時に、「自分も傷つきたくない」つまり利己的な側面も入って来ますと、必ずしも善しとは言えないような気がします。








 そこで、もう一つの「隠し事をバレないようにするための嘘」を考察してみましょう。


 「自分は傷ついてもいいから、相手を傷つけないために」隠し事をして嘘をつく場合には、己が犠牲になってでも、何が何でも相手を守ろうとしますので、献身的であり、良好な結果にもつながることでしょう。


 ですが実際は、隠し事をバレないように取り繕うということは、往々にして「自分も傷つきたくない」という思いが入り込んでいることが少なくないです。

 「自分も傷つきたくない」という利己的な思惑があるが故に、己の保身を優先してしまいがちになり、その結果、初めは「相手を傷つけまい」と思っていても、相手を傷つけてしまう最悪の事態になってしまいかねません。


 では、なぜ「自分も傷つきたくない」と考えて隠し事をするのでしょうか?


 ずばり、やましいからです。


 であるが故に、隠し通すために嘘をつきまくります。

 ですが、相当念入りに嘘をつかない限りは、必ずどこかで矛盾点が露呈して、ボロが出ます。

 
 また、「相手を傷つけたくない」目的と同時に、「自分も傷つきたくない」という目的も並列しております。

 この両者の目的達成のためのベクトルが同じならば、ひょっとしたら両立できることもあり得るかもしれません。

 ですが、この両者の目的は、往々にして相反する性質です。

 相反する性質のものを同時併存させることは、論理的に極めて困難です。

 つまり、相反する目的を無理やり取り繕おうと企んでも、これまたどこかで矛盾点が露呈して、ボロが出てしまうものです。





 早い話、隠し事はまずバレる、ということです、(特に「自分も傷つきたくない」という保身のためのそれ。)。





 読者の方々の中には、隠し事をされている(嘘をつかれている)立場の方もいらっしゃると思います。



 その方々のために、ちょっとしたヒントを。


 
 隠し事や嘘の「信号」は、何かしらの形で発せられていることが多いです。



 行動が不審だったり、何となく腑に落ちなかったりした場合には、疑ってかかってみてもいいかもしれません。

 また、それも難しければ、「ちょっと変だ」と思った場合には、その直感を少し信じてみてください。





 ご興味のある方は、下記の過去のブログ記事もご参考にしてみてください。

 
 「ウソつきの見破り方 その三」
 http://j-wat.at.webry.info/200804/article_2.html


 「ウソつきの見破り方 その二」
 http://j-wat.at.webry.info/200804/article_1.html

 「ウソつきの見破り方 その一」
 http://j-wat.at.webry.info/200803/article_1.html

 
 

 良好な人間関係を維持するためにも、また、後々大きなトラブルにならないためにも、何かのご参考になれば幸いです。




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント